PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

ほぼ半年ぶりかな?

|・ω・)みんなおひさしぶり

しばらく前から少しはいってみてます。

アイビー

まあ、年甲斐もなくこんなこともしてたわけですが



ついでに気になってたことをやろうってことになった訳です。

ゆに

まあ、これだけでわかる人はわかるかも。

この爺キャラは、10級来たときにスキル回収して、火、氷、雷の3色魔法使いにしてたんですが、中華の武功なしキャラはあまりにおもろない、威力もないということに気づいてしまい、96まで惰性で育ててあと放置かけてました。

4月末でサービス終了案内、7月でサービス終了が囁かれる今日このごろですが、

| ゚Д゚)もう一度爺に剣スキルをプロジェクト発動!

自動入れて、心臓集めて、氷50まで削って武功取りました。

ついでに、


97


|*・ω・)2年ぶりのLVUPだぜ(ぇ


課金チケットは一切つかってません。時間かければ1か月に1LVくらいはいけるんだなぁ、と実感。まあ、もうせんけど(ぁ

皆、地震と津波と放射能漏はだいじょうぶだったかなぁ。。それだけが心配。こっちもウィルス禍とか火山爆発とかあるけど、↓の感じで生きてます。みながんばれb


余生の図
ほしいぬ

   星守る犬
ちょっと口数が少ないくらいの、どこにでもいるようなごく普通のお父さん。家族のために自分を削って、黙々と働いたあげく娘は不良になり、自分は病気持ちになり、リストラされたため、妻に離婚請求されて、財産分与で財産ぜんぶもってかれ、わずかな私物といくばくかのお金と1台の自動車だけを残されて、ぐれた娘が小さいときに拾った犬とともに故郷の方向に向かってあてどもない旅に出て、一文なしになった揚げ句にどことも知れない山中でガソリンが切れ、やがて車の中で絶命、そして数か月後、犬も力尽きるという
| ゚Д゚)b一般人の感覚では、フランダースの犬が可愛く思えるレベルの欝物語。おぢさん推奨。近日映画化。乞う必見。俺も犬飼おうかな(ぇ


でもね、人間、何も思い残すことなく、満足してあっさり死ねればなによりだけど、極めて不本意な状態で最後の何日なり何年かの時間を死ぬこともできずに苦しむ場合が結構な割合であると思うのです。
そういった意味では、このお父さんは犬以外の全てを失ったんですが、あまりに静かに、穏やかに、自分の運命を受け入れて死んでいく。側には犬がいた。他人には悲惨に見えようが無惨に見えようが、爺としては、それは「幸せ」なのではと思うんだが、若い皆さんの感性ではどうなんでしょうね。俺も年とったなのかな^^;
スポンサーサイト

| 爺の縁側日記 | 19:32 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

東北地方太平洋沖地震にて被災された方に、
この場をお借りしてお見舞い申し上げます。
広く被災と言えば自分も該当しますので
消息の報告を兼ねてコメントさせていただきます。


じさま、おひさしお疲れさも^^ノ

今回の地震を受けて強く思ったのが地震の前の生活
普通に電気が使えていた 普通に食事ができた
普通に風呂に入れた 普通に出勤できた
普通に家があって 普通に暮らしていた


またシルクをやっていたとは(笑

普通でいられるって凄いことなんだなって
感じた人が多いと思います。
知らないうちに、これだけの文明の発達が
普通になっていたんですね。
(自分は恵まれた時代に生まれたので昔のことはわかりませんが;)


LVUPおめぽですb

長文になると何が言いたいのかわからなくなるので
早めにケリつけんと;
年をとる ってのは
かならずしも「老ける」って意味では無く


この剣盾キャラを見ると楽しかったシルクを思い出します。

経験から教訓が生まれたり、
いろんな考え方ができるようになったりと
それも老けるの一部かもしれんが;
いやいや、


なんかまたマゾい遊びしてるねっっ(ぁ

災害でたくさんのものを失って
あきらめたほうがラクって
思う人も多いかもしれないけど
被災して残された人、被災しなかった人にも言えること


サービス終了のうわさがあるとは、

そうなってくると愛おしいものですねー(棒読

これから努力して「年をとっていく」って
これも立派な「できること」のひとつじゃないでしょうか?
きれいごとかもしれませんがね;
何を以ってして幸せか不幸かということが


再インストールの気力が湧けばINしてみたいなー。

俺にもわかる日が来るのかもしれませんね。
まだちょっと生活が、もう少しで落ち着くので
落ち着いたら沿岸に行って
少しですが支援したいと思っております。一緒にがんばりましょう。


たまに倉庫とか見たくなるのでね。倉庫ふぇちなの(ちが

星守る犬に関しまして
幸せかどうか考え中ですが、
あまりに静かに、穏やかに、自分の運命を受け入れて死んでいく(上記ブログより抜粋)とあります。
大変な人生だったと思いますが、運命を受け入れるって凄いことだと思います。自分が不幸だと感じていたり、それを不本意に思っていると中々受け入れられませんものね。
映画化するなら見てみるか、俺おぢさんだし(ぁ


何にせよ、目的があってシルクやるのはいいことだ。

記事 2010.09.18 最後の出撃に対しまして
この場をお借りして下記の通りコメントさせていただきます。

じさま、遅くなったけどおつかれさまー(おっそ

| フジゲン | 2011/03/25 21:59 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://silkguild.blog70.fc2.com/tb.php/1279-2d455c51

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。