PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

爺の雑感

今日も文字だらけw暇な方はどぞ。


爺の独断と偏見による各スキルの使い心地とパフォーマンス

1 剣スキル

  ① 必殺剣系統=★★☆☆☆
出が早くリキャストも短いが、終盤のMOBにはダメージはそう期待できない。3次の月牙剣は単発の倍率の高い技であればと惜しまれる。

② 遠距離系統=★★★★☆
    出も早いし、ダメもかなり出せる。射程がやや短いが2次と3次はかなり優秀。

③ ノックダウン系統=★★☆☆☆
ダメは出るが、技が出るまでの時間が長く、上位技は発動後のブランクもある。
なにより、転かしてしまうと、追い打ちのほかには転移攻撃以外は入らないという   のが致命的な欠点。
飛剣無敵(3次)→飛剣花綱(2次)でループ可能。長所は1vs1の場合転かしている間はダメをもらわないこと。言い換えればあくまでタイマン技にしかすぎず、味方が剣盾ノックダウン集団でもない限り、集団戦には向かない。
味方にノックダウン使いが複数いれば一人転かせばみんなで串刺しでBOXができるんでしょうけど。

④ 追い打ち系統=★☆☆☆☆
転かして速攻で入力しないと追撃2つは入らない。タイミングがずれると空振りに終わる。しかもノックダウンかかるとMOBが少しぶっ飛ぶので、そこまで走って追い打ちを入れなければならない。故に足が遅いときつい。知型の場合エンチャさえのっていればダメは平均してかなり与えられる。

⑤ 人剣合一2系統=★★★★☆
最後まで延ばせばダメもかなり出る。発動も比較的早い。なお、複数攻撃技であるが、メインタゲ以外へのダメはメインの1/2~1/3程度。特に落花はMOB寄せ技としても極めて優秀。


総じて、剣スキルは取得に要するSPがマゾい割に、両手持ち武器のスキルに比べて威力や使い心地がかなり劣ります。
連環剣は華麗ですしわけても敗天はかなり強いのですが、新練金で氷がほぼ無効化されて、取得の必要性が大分下がったように感じます。
盾術に至っては、罠スキル以外の何物でもないですね(本国で適用されているパッチがくればまた別でしょうが。)



2 攻撃魔法

① 火魔法=★★★★☆
同一マスタリレベルで比較すると烈火が最大火力を誇ります。メテオ(暴炎波)はアンチノックやシャウォなど、プレイヤーの周りを取り囲むようなMOBには極めて有効ですが、間隔が離れるMOBにはまとめて当てるのは難しいです。
なお、烈火もプレイヤーの周りをMOBが取り囲んでいる時には前後左右最大3体当たりますが狂雷と異なり、転移攻撃ではないので確実性はないです。
火魔法の1次は烈火より遠距離から攻撃できますが、単体攻撃の上、倍率が250%なので、おすすめしません。

② 氷魔法=★★★☆☆
雷や火の魔法に比べて威力は低いですが、知型が使えば十分凶悪です。
   ことMOB相手であれば、凍傷・凍結による被ダメ減少が魅力的です。ツララ(光優)はメテオより気持ち発動が短いような気がします。
なお、武功の主力となるノックダウン攻撃とは相性が悪いです。

③ 雷魔法=★★★★★
近接魔法戦闘による廃狩りの場合は、確実に範囲内に転移する狂雷50の使い勝手が最高です。タメが長く対人では使えないですが。狂雷30は自分のLVが70を超えると威力に不満がでるかもしれません。
獅子吼は、発動時間がほとんどなく、射程もそこそこなのでいいのですが、倍率が100%なので、威力は望めません。冷凍が対人でも有効な時は氷エンチャのっけて、獅子3発→(凍結)→連環剣系統のループで嫌がらせが可能だったんでしょうが、現在は交易などでの格下MOB排除、狩りでのMOBのHPの削り残しの処理、MOB寄せくらいしか活躍の場はないです。

3 防御系魔法

① 火魔法=★★★★★
火炎盾術の使い勝手が秀逸。新練金によるアクセへの状態異常防止練金を併用し、火炎盾術の減少時間+アクセ4つの合計減少時間≧100%であれば、状態異常を完全無視でき、丸薬購入が不要になります。なお、現行仕様では剣盾でなくても、一度盾を装備してこの火炎盾術を発動させて、両手武器に持ち替えても効果は持続します。なんとか修正してもらいたいものです。
火霊護法はMAXまで伸ばすと魔法ダメを相当軽減できます。なお、火炎体は知型剣盾の場合SPが余っていない限り取る必要はあまりありません。
火壁ですが、LV1だけでもとっておくと、知型の初撃魔法の1発だけは無効化できます。しかしながら、SCスロットをそのために一つ割り当てるのはもったいないし、これとるくらいなら、修正パッチが来た後の盾術(物理防御、ブロック率UP)を習得したほうが無難と思います。

② 氷魔法=★★★★☆
狂夜枯林の狩りでの使い勝手が秀逸。これがあるのとないのでは、一度にまとめられる量が相当違ってきます。対人では使えませんが、すでに新練金で対人では凍傷・凍結はほぼ無効となっているので、今さら問題ありません。
物理防御UPの氷魂系統ですが、知型剣盾の場合は60まではとっておいたほうが無難です。68まで伸ばしても物理防御は13しか変わらないので、その分のSPをほかに回すという選択肢もあります。
氷壁ですが、力型のクリはいつ出るか分からないし、MAX(氷壁HP7000強)まで取らない限り新規でとる必要性は??であると思われます。正直、自分の場合このまま、上位スキルが入って、総マスタリ制限が300から変わらない場合、真っ先に回収するのが氷系統であると思います。

③ 雷魔法=★★★★★
多くを語るまでもなく雷貫通功、奔雷歩、鬼影神歩、精神集中いずれも知型の生命線ともいえるスキルが満載であり、できるだけ早期にMAXにしたほうがいいです。なお、精神集中のLV3は2段階目までで構いません。回避率は同じで接続時間が延びるだけですから。

現在のまとめ狩り+単体狩り

① 白~緑混在で7匹程度の場合
落花→血蛇→獅子1→獅子2→剣気→メテオ→(エンチャ+タゲ変更)→狂雷50→(タゲ変更)→烈火→(エンチャ+タゲ変更)→落花(→削り残しは通常攻撃か血蛇)

② 白3~4匹の場合
落花→獅子1→烈火→(エンチャ)→狂雷50(→削り残しがでれば通常攻撃か血蛇)

③ ノーマルMOB1匹の場合
気分で
ア 烈火→(エンチャ)→破霊剣気→遊魂剣気
イ 破霊剣気→(エンチャ)→遊魂剣気→血蛇→獅子

④ G1匹の場合 烈火→(エンチャ)→ノックダウン3次→同2次→(こけたら)→追撃3次→2次

※ ノックダウンの出が遅いのといつこけるか分からないので、エンチャが切れてサイドかけるタイミングと追い打ちを入れるタイミングが重なったときは最悪。なお、追い打ちは入力がシビア。


知型で死ににくくするためには

① 剣盾を選ぶこと
盾のブロックはできれば16以上。更に最低+3に強化し、看破の緑石でクリ無視は必ず100%付ける。

② 武器はともかく、防具はけちらない。
防具の強化は最低+3以上で、自分のLVと敵の攻撃属性にあった防具を選ぶこと。
  職で足が速くなるからといって道服着るのは自殺行為です。
ちなみに9級最終装備の場合、防具を護具にして、防具・アクセの平均強化率が+3.5程度のLVにあったものであれば、かなり死ににくくなります。
  身もふたもない話ですが、基本的にシルクは装備が9割ですね。LV上昇による装備抜きの基本攻撃力や防御力なんて、ゴミみたいな数字です。LV差があると勝てないというのは装備がLV指定だからです。はい。
あと、アクセは非常に重要です。アクセがあるときと無いときのダメージは約4倍違います。噂ではアクセの吸収力1=物理又は魔法防御7.6(だったかな?)に匹敵するそうです。

③ 自動回復POTは必須。
私は狩りでは赤POT大68%、青POT特大28%にしてます。状態異常(氷、やけど、感電)は無視できているので設定してません。

③ 知補正は80~85にとどめること
HPと物理防御に直結します。死ににくくしたいなら、極振りはお薦めできません。

④ 防御スキルは石窟以降はそのレベルでとれるものを極力取得すること。

⑤ 狩りにおいては、格上のまとめなどせず、自分にあった適正MOB~格下緑MOBを効率的に殲滅できる範囲でまとめられるよう、釣り方をうまく使い分けるとともに、効率的に殲滅するようにすること。したがって、殲滅力の向上(=範囲攻撃スキルの強化)も防御力の向上と同様重要です。私がこれに気づいたのは実はかなり遅くでした   (ぇ。

 ⑥ 新練金や薬物・巻物での強化
装備に力5~6、知5~6を、頭、胸、腰にHPUPを、回避率もある程度上げるとかなり固くなります。カンスト時、力1付与するとHP58くらい増えます。物理防御にも反映されますし。
   具体的にいうと、最終装備(一部除く)でHP15000強、BUF発動時には物理防御1400、魔法防御2700程度まで強化できます。
これにHPUP4100+俊敏の巻物を使うとかなり善戦できます。
ただし、新練金での強化は、マスタリ下げてその防具のLV帯に長くいるような時や、
お金が余りまくっているときでないと、コストパフォーマンスが非常に悪いです。
  職するときはダメージ20%軽減呪文書とダメ20%UP呪文書をSPチケと60%復活書のセットでお使いください。
⑦ 敵を知り自身を知り、無謀な戦闘をしないこと
職戦は遠慮しときましょう(ぇ どうしてもする場合は、格上相手や複数相手には手を出さず、力型の壁の後ろから魔法でアシストしましょう。タゲられたら基本ダッシュで逃げます(ぉ 知型は壁にはなれません。
スポンサーサイト

| 爺の縁側日記 | 18:48 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

多少個々の狩りスタンスが違うとはいえ、こういうスキルの使い勝手をまとめるとすごい便利だし役に立つと思います。

じさますごい><b
見習いたいです。。;

いいなぁ知型剣盾~。
サブの育成時に参考にしよっと|*・ω・)v

| ときね | 2007/03/17 02:50 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://silkguild.blog70.fc2.com/tb.php/954-326c9f13

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。